YouTubeでのゲーム実況が向いている人・向いていない人

ゲーム動画は収益化が認められていないものがあります。動画を投稿しても収益化が認められていなければ、どんなに視聴者が多くても収入には結びつかないのです。
しかし、任天堂のゲームの中には収益化が認められているものもあるので、YouTubeで稼ぎたいならそういったものを選ぶとよいでしょう。
また、依頼されてゲーム実況を動画としてアップしている人もいます。宣伝をしてもらうことで企業が報酬を支払ってくれるのです。
ゲーム実況の動画をアップして誰でもが稼げるわけではなく、向いている人・向いていない人がいます。では、向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか。

●ゲームが好き
何よりも大切なことはゲームが好きということです。ゲーム実況は、実際にゲームをプレイしている様子を撮影し、YouTubeにアップをします。ゲームが嫌いではプレイをしていて苦痛を感じてしまうことでしょう。
稼ぐためにはコツコツと続けることが大切です。ゲーム好きなら楽しく続けることができます。

●ゲームがうまい
攻略動画ならゲームがうまい必要があります。
たとえばアクションゲームの場合、敵にやられているばかりの動画を見て楽しいでしょうか。視聴者はどうすれば攻略をできるのか知りたいはずです。敵にやられてばかりでは、一向にゲームは進まず、視聴者は攻略方法を知ることができません。
のほほんとしたゲームならプレーするだけでもよいかもしれませんが、攻略方法を伝えたいならゲームのうまさも大切です。

●声が聴き取りやすい
ゲーム実況はただゲームの様子を動画で伝えるだけでなく、ところどころで解説を入れていくことが一般的です。ゲームの様子を撮影しているだけでは視聴者は何をやっているところなのかわかりにくいので、説明をしていくのです。
声が聴き取りにくいようでは、視聴者に伝えたいことを伝えることはできません。テレビの場合、何を言っているのかわからないと面白くありません。これはYouTubeでも同じことで、声が聞き取りにくいようだと、聞いていてイライラしてきてしまいます。声がわかりやすい方が面白さが伝わります。

●話が面白い
画面で行われていることを説明するだけでも、ゲームの様子を伝えることはできます。しかし、画面で起こっていることは動画を見ればわかることです。今起こっていることだけでなく、詳しく解説をするなど、視聴者が求めていることを話せると視聴者を獲得しやすくなります。話が面白いことも大切なのです。

投稿日: